一戸建ての住まい

住まいの建て方、選び方

トップ

住まいの選び方について

住まいの選び方は住む人にどんな希望があるのか、何を重要視するのかによって変わってきます。敷地の場所や交通などの地理的条件、日当りや土地の安全性などの自然環境、近隣住宅なども重要ですし、建物の規模や外観、間取りや設備も大切な要素です。また、敷地や建物に対する法的な規制をクリアする事は絶対条件になります。そして何より予算を無視する事はできません。これらの条件を満たし希望をできるだけ多く満足させるためには、住まいに関するある程度の知識をもつ事も必要でしょう。それには住宅展示場などを見学したり、建材メーカーなどの展示会に行ってみたり、選び方について経験者のアドバイスや失敗談を参考にするのも一つの方法です。まずは専門的な知識を持つ建築士などに相談してみることをお勧めします。

住まいの選び方としては

住まいの選び方としては、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造など中層から高層のマンションの物件を見てから購入する場合や、モデルルームで中の作りを見てから予約購入する場合、中古のマンションを仲介を通して購入する場合、実際に見てから中古物件を購入する場合などの方法があります。又、一戸建ての住まいの選び方には建売り住宅で実際に物件を見て購入する場合や、プランをある程度反映させる条件で出来上がったものを購入する場合、中古の一戸建て住宅を仲介で購入する場合、個人から中古住宅を購入する場合、土地購入後に施工会社に頼む場合、設計と分離して建てる場合、ハウスメーカーに頼む場合等の方法があります。

住まいの選択に関する情報